なぜ印紙代を減らせるの? なぜ安心なの? なぜ保管が簡単になるの? 導入は簡単!?

どうして電子文書が主流になってきたの?

従来から業務の効率化やコストダウンに向けて、ビジネス文書の電子化を進める動きがありましたが、特に3.11以降は、BCP(事業継続計画)の強化という視点から電子化が加速しています。電子文書で保存し、さらにバックアップをとっておくことで、万一の災害時などにも、
社外から情報にアクセスして業務を継続することや、事業の早期復旧が可能になります。

どうしてコストが削減できるの?

たとえば請求書などを電子文書化して、インターネットで送信することで、印刷や封入、郵送にかかるコストを削減することができます。
また、売買契約や請負契約などを電子文書で行うと、印紙税の課税対象外となるため、印紙コストの削減になります。
さらに損益計算書や現金出納帳、領収書などの法定保存文書を電子化することにより、必要なときにいつでも取り出せ、保管の手間や
スペースの削減になります。

※「国会答弁書第九号内閣参質一六二第九号(平成十七年三月十五日)」および「税務通信2001.5.14」などで、電子的記録によって作成されたものは
紙ではないため、印紙税が課税されない旨が確認されています。

どうすればe-文書法に則った文書を作成できるの?

紙文書も電子文書も、偽造や改ざんを容易に行うことができます。特に紙文書は、改ざんなどが行われていないことを証明する手段が
ありません。e-文書法では「電子証明書」や「タイムスタンプ」によって文書の真正性を担保することを義務付けています。
電子証明書によって電子文書の作成者が特定され、タイムスタンプによって作成日時が特定されるため、偽造・改ざんなどのリスクを
防止することができます。

News Headline

●【JCANフェア2014 Spring 〜「電子契約元年」の実現に向けて~】へのご来場ありがとうございました。

2014年2月21日(金)JIPDEC(一般財団法人 日本情報経済社会推進協会)にて開催された
[JCANフェア2014 Spring ~「電子契約元年」の実現に向けて~]にご来場いただいたみなさまには、厚く御礼申し上げます。

●2014年2月21日(金)【JCANフェア2014 Spring 〜「電子契約元年」の実現に向けて~】に参加

JIPDEC(一般財団法人 日本情報経済社会推進協会)主催のフェア
[JCANフェア2014 Spring ~「電子契約元年」の実現に向けて~]にe-Pru(イプル)をパネル出展します。
第2部のソリューションご紹介プレゼンテーションでは、「WaWaOffice」との連携によるサービスをご説明いたします。
ぜひご来場ください。

【日時・場所】
2014年2月21日(金)13:00~18:00 (受付開始12:30予定)
JIPDEC 1F会議室 東京都港区六本木一丁目9番9号 六本木ファーストビル

詳しくはこちら↓
http://www.jipdec.or.jp/project/anshinkan/event/20140221.html

●2013年10月1日より[e-Pru(イプル)]×[WaWaOffice]の連携スタート

10月1日〜5日は、CEATECにご来場いただきまして、誠に有難うございました。
開催期間中に発表させていただいた通り「e-Pru(イプル)」と「WaWaOffice」による連携がスタートいたしました。
「WaWaOffice」は、全国620の団体・企業・医療機関・学校などに導入され、160,000以上のユーザーを持つグループウェアです。
「e-Pru(イプル)」の電子署名機能とタイムスタンプ機能を「WaWaOffice」と連携させることにより、グループウェア内で電子文書、
電子契約を一元管理できます。
また、お客さまの業務・業種に合わせてワークフローの機能だけではなく、グループウェアとして提供することも可能です。

●【CEATEC JAPAN 2013】へのご来場ありがとうございました。

2013年10月1日(火)~5日(土)の5日間、幕張メッセで開催された
「CEATEC JAPAN 2013 Smart Innovation~明日の暮らしと社会を創る技術力」のJIPDEC(一般財団法人 日本情報経済社会推進協会)
ブースにご来場いただいたみなさまには、厚く御礼申し上げます。
ご説明の際にいただいたご意見・ご要望等は今後の事業活動に活かしてまいります。今後とも何卒宜しくお願い申し上げます。

●2013年10月1日~5日【CEATEC JAPAN 2013】に出展

2013年10月1日(火)~5日(土)の5日間、幕張メッセで開催されるアジア最大級の最先端IT・エレクトロニクス総合展
「CEATEC JAPAN 2013 Smart Innovation~明日の暮らしと社会を創る技術力」のJIPDEC(一般財団法人 日本情報経済社会推進協会)
ブースに 「e-Pru(イプル)」を出展します。みなさまとお会いし、情報交換できることを楽しみにしております。ぜひご来場ください。

【日時・場所】
2013年10月1日(火)~5日(土) 10:00~17:00
幕張メッセ ライフ&ソサエティゾーン
ブース小間番号:9-1(JIPDEC JCANブース内)

詳しくはこちら↓
http://www.jipdec.or.jp/event/ceatec2013.html

●2013年 3月10日 オフィス向けサービスをスタート

e-Pru(イプル)第2弾として、3月10日、「オフィス向け」のサービスを開始します。
e-Pru(イプル)「オフィス向け」サービスでは、お客様が作成された請求書(PDF)や領収書(PDF)などを、
電子証明書とタイムスタンプによってe-文書法対応の電子文書し、プリントアウトや郵送の手間・コストを削減できます。

●2012年 7月11日 いよいよe-Pru(イプル)サービスがスタート

e-Pru(イプル)第1弾として、7月11日、「不動産業向け」「建築・建設業向け」のサービスを開始します。
e-Pru(イプル)は、より多くの皆様が印紙負担を減らせるよう、各業種向けに電子契約システムをアレンジし、
ローコストで使いやすいサービスを実現しました。
今後も、様々な業種・業務向けのサービスを提供していきます。

e-Pru(イプル)は、書類による契約締結を、電子契約で行うことにより、印紙コストをゼロにするサービスです。
契約締結業務の多い大企業では、自社で電子契約システムを開発し、印紙コスト削減を図っています。

●2012年 6月18日 e-Pru(イプル)サイトオープン決定!!!